【使い方】ポロクルまめ知識:左ハンドルの小さなパネルをご紹介

いつもご利用いただきありがとうございます。
今日はポロクルの自転車左ハンドルに付いている小さなパネルについてご紹介します。ご存じの方も多いかもしれませんが、どうぞご一読ください。

1)ライトボタン
ライトの点灯・消灯をするボタンです。ただし、ポロクルの自転車は、センサーで周囲の明るさを検出し、自動で点灯・消灯する仕様になっています。

2)電源&走行モード切替ボタン
このボタンを押して、アシスト機能をオンにしましょう。運動のため負荷をかけたい方は、もちろんオフのままでもOK!

●電源を入れると、パネル右上にバッテリー残量の目安数字が表示されます。乗る前に必ずチェックするようにしましょう。
なお、「FL」の表示は、ほぼ満タンを示します。万が一「0」になっても普通の自転車として走行できます。

●このボタンを押す毎に、走行モードを切り替えることができます。
エコ→オート→パワー と3段階あり、選択されているモードはパネル右下に表示される3つのランプでご確認ください。

【エコモード:ランプ1つ点灯】
長距離走行におススメ

【オートモード:ランプ2つ点灯】
アシスト力が自動でコントロールされるので、平坦な道や緩やかな坂道におススメ

【パワーモード:ランプ3つ点灯】
きつい上り坂におススメ

●このボタンを1秒以上押すと電源をオフにできます。また、自転車が止まった状態で一定時間が経過した場合も、自動でオフになります。

<おまけ:変速機について>
右ハンドルには、内装3段切替の「変速機」を搭載しています。ペダルの踏む速さと重さを一定にして疲れを軽減できるので、アシスト機能と組み合わせてご活用ください。