自動車のなかまである自転車にもルールがあります

1.自転車は車道が原則、歩道通行は例外です。

●歩道を通行できるのは、歩道通行可の標識がある場合です。(普通自動車に限る)

●標識が無い場合は、以下の3つの場合のみ例外的に認められています。
①13歳未満(小学生以下)の子供、70歳以上の高齢者
②身体の不自由な方
③やむを得ない場合(道路工事、交通量が多い、
 道路の幅が狭いなど…)

2.自転車は、車道の左側通行がルールです。

●自転車は車道の左側通行が基本です。歩道の通行は例外です。

●車道の右側通行は、自動車との相対速度が左側通行に比べ高くなり危険です。

●右側通行は、正しく左側通行している方にとっては逆走となり迷惑となるばかりか、交差点部では、自動車のドライバーに気づいてもらいにくく危険です。

3.歩道は歩行者優先です。

●歩道を通行するときは、歩行者が優先で車道側を徐行しなければなりません。

●歩行者のいる場所は、押し歩きをしましょう。

4.安全ルールを守りましょう。

●信号・一時停止はしっかり守り、安全の確認をしましょう。

●自動車と同じく、信号や一時停止を守らなければなりません。

●特に、交差点は自動車、歩行者、自転車が交差する場所ですので安全確認をきちんと行いましょう。

●安全の確認の第一歩は、自動車のドライバーや歩行者とのアイコンタクトで、自分の行動の意思を伝えることです。

●ちょっと優しい気持ちで、譲り合いも安全に走行するコツです。

●飲酒運転は禁止です。

●自転車も自動車の仲間で、軽車両に分類されます。

●自転車も自動車同様に、飲酒運転の刑罰は重く、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

●飲みに行くときはポロクル、帰り道は徒歩や公共交通機関など賢い移動もできます。

●自転車も自動車と一緒で、夜間はライトを点灯しなければなりません。

●自分の存在を周囲にきちんと伝えることが、自分の安全につながります。

●ポロクルのライトは暗さを感知して自動点灯するので、安心して自転車をご利用頂けます。

5.子どもはヘルメットを着用しましょう。

●児童や幼児はヘルメットを着用し、自転車を利用しましょう。

●特に保護者と一緒に自転車に乗る際は、子供の地面からの高さは1mを超えるため、転倒時に大きな力が頭部にかかります。

●お子様の頭部の損傷を軽減するためにも必ずヘルメットを着用ください。

自転車の安全利用に関するリンク

自転車安全利用五則はこちら(北海道警察HP) ※外部サイトに移動します。

自転車の主な交通ルールはこちら(北海道警察HP) ※外部サイトに移動します。

普通自転車の定義はこちら(北海道警察HP) ※外部サイトに移動します。